今どきのサービス

今月のはじめ、息子家族と2泊3日で旅行に出かけまして、

帰ってきてすぐに、インフルエンザにかかり、しばらく寝込んでしまい

ブログを書く機会を逸していました。

 

もうすっかりよくなって、元気に活動に戻っておりますが・・・

 

旅先は、本当は、暖かいところに行きたいところでしたが、

3歳の男の孫に、スキー場で、そりあそびをさせてやりたいと息子夫婦がいうので、

お付き合いすることにしました。

 

山梨県のリゾートホテルに二部屋を取って、過ごしてきましたが、

息子たち家族の部屋は、子ども連れ対応のファミリールーム。

チェックインして、荷物を置いて、さっそく息子たちの部屋へ行ってみると、靴は脱いでのフローリング。

大きなリビングには、街の絵が描かれた子供むけのカーペットが敷いてあって

籠に入った積み木が。さっそく、上の孫は積み木を並べて、カーペットの線路の上に

電車を走らせています。

ハイハイとつかまり立ちの下の子は、モビールおもちゃを触ったり、アーチの向こうからこっちを覗いて

いないないばあ を何度も披露してくれます。

 

10か月の孫娘には、オムツ替えセットにベビーフードまで備え付けられています。

キッチンとレンジもあって、小さい子がいる家族には便利。

子ども用のスリッパと、3歳の孫用には、子ども用のトイレ便座、

滞在中はベビーカーも最新型のものを貸してもらえて、いたれり尽くせり。

 

ホテルの敷地内でも、ポニーに乗って歩いたり、焼マシュマロの体験、

夜もスケート遊びや、カーリングができる小さなリンクがあって、3歳の孫はいろいろウインタースポーツを

楽しんだみたいです。オリンピックを見ながら、「僕もスケートやったよ!」と言っているので

印象的だったんでしょう。

 

その間は、下の孫を部屋で見ていたのですが、普段なかなか触れ合う機会の少ない、じいじにも、

だんだん慣れて、伝い歩きをしながら「ばあ」と喜んでかくれんぼ遊びをして機嫌よくしていたので

じいじも、大喜び。孫バカの証拠動画をとりながら、私も楽しみました。

 

私が感動?したのは、バスタオルとハンドタオルを、上手に折って組んで、ゾウさんの形にしたものが

リビングの机に飾ってあったこと。子どもたちへのおもてなし感が、半端なくて、

滞在した2泊の間、レストランでも、どこでも、快適に過ごせてありがたかったです。

 

息子の3列シートの車で行ったのですが、行き、帰りの車は、どうしても、

子どもたちには苦行です。0歳でも3歳でも、がっちりチャイルドシートに

縛り付けられています。眠っている間はいいのですが、起きれば、おかあさんに

抱っこしてほしいもの。泣きだせば、あきらめないので、引き下がらない下の子です。

1時間でも大声で泣き続けます。

昔は、交通ルールも厳しくなくって、ちょっとした距離は小さい子は、抱いていても

大丈夫だったので、それほど感じませんでしたが、今は、どんな場合でも

チャイルドシートでないといけないから、子どもの側から見れば、苦行です。

 

お母さんひとりで、子どもを2人連れて、ちょっと遠くに車で出かける時は、

「毎回、大合唱になっています。」とのこと。

それも育つまでの一時と思うけれど、毎日のこととなると、大変なことだなあと思います。

 

車も、どんどん進化して、自動運転もできるようになっているくらい。

チャイルドシートをした小さいな子どもが、心地よく乗っていられるような

工夫はないものかと、思ったりします。

 

スマホは、キッズやベビーのアプリもあって、10か月の孫も、3歳の孫も、スマホの操作は

見よう見まねで、知っています。病院での待ち時間や、どうにも仕方のない、公共の場所では、

最後の手段で、見せることもあると息子たちは言っていました。

 

子供向けアプリは、どれも画像と音が連動しているので、触れるだけで画面が変化して、楽しい。

 

先のブログにもあったように、これも与え方が、確かにむずかしいところですね。

こればっかりでは、心配です。

 

以前読んだ、「モンテッソーリ教育を受けた子どもたち」という本には、

子どもには、その発達の段階に応じて、自分がしたいことを見つけて、

何度も何度も集中してし続けることで、それを「もういい」と感じるまでやり通したあとは、

すっとやめる時が来る。それを繰り返すことで、集中して取り組んで納得するまでやりとげるという

自信がついて、そのあとの人生でも、しっかりと生きる力が培われるのだということが

書かれてありましたが、3歳児を見ていると、その通りだなと思います。

 

指を使うお仕事、細かいものをより分けるお仕事、高く積み上げるお仕事、などなどを、

誰かにやり方を教えること、教えながら、やれるまで待つこと、あそびの中には、そういう要素が

いっぱいあります。

 

そういうことも、できるような、あそびを、子どもたちにふれさせることも大事かなと思います。

 

ホテルのサービスは、積み木やカタカタなどのシンプルなおもちゃでした。

いつもは忙しくしているお父さん、おかあさんとここでは、一緒に遊べるようにでしょうか。

 

少し前に、孫の保育園の入園面接について行ったときの保育園の遊具やおもちゃも、

昔ながらの木のおもちゃや、積み木、動物や、乗り物、ままごとあそびのセットです。

そこに来ていた、大勢の子供たちも、みんな夢中で遊んでいました。

 

若い世帯の多い街に住んでいる孫たちが、ときどき遊びにでかける

児童館にも、たくさんのおもちゃや遊具があります。デジタルなものは一切ありません。

地域のお母さんが、子どもたちを連れて、あそびに来ています。

しらない子同士でも、いつのまにか、ごっこあそびを一緒にしたり

しています。

 

そういう様子を見ていると、昔と変わらない子どもの様子に、

安心もしています。

 

孫たちと接する機会があるときは、できるだけ、デジタルでないあそびの

相手をしてやりたいなと思います。

 

くたびれますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 18:23 | - | - | - | - |

今の遊びって・・?

先日仕事でお会いした方から

「今の小さい子はごっこ遊びをしなくなったよ。

 プラレールを広げて電車ごっこをしたり

 ままごとあそびでお母さんのまねをしてご飯をつくったり・・

 こんなふうな遊びはしてないね

 それより小さいうちからスマホを触ってるね」

とききました

 

思わず同僚と「えぇ〜!?」と叫んだのですが

言われてみたらそうかもと思えました

 

ちょうどその出来事があったころ

バスに乗っていたらベビーカーに1歳になる前の赤ちゃんを連れた

親子が乗ってきました

 

最初は静かだったのですが途中で何度か赤ちゃんが泣きだしたようでした

それでもしばらくしたら泣き声がやみバスの中は静かになりました

私は何気なくその親子のほうを見てみたら

お母さんはずっ〜とスマホを触りつづけていて

赤ちゃんはお口にお茶のはいった哺乳瓶をくわえていました

 

お母さんがあんなに夢中でスマホをみていたら

子どももいったい何だろう?とスマホに興味を持つはずだわ

スマホはコミュニケーションの手段の一つではあるけれど

やっぱり顔をつきあわせてのコミュニケーションにはならないな

 

思い出しても友達との遊びを通して多くのことを学んできました

こんな言い方したらケンカになるなとか

仲良く遊ぶにはこんなところ気をつけようとか

家族以外の人とのコミュニケーションの場でした

 

これからの育児ってどんなふうになっていくんだろう?

そしてこの子たちはどんなふうな大人になっていくんだろう?

| - | 22:35 | - | - | - | - |

歩くと見つかる

先月はうっかりブログを書き忘れた。

あっと言う間に時は過ぎて、年が明けてすでに1カ月が過ぎている。

今月は担当日の1日にきちんと書こう。

 

9月の半ばに子犬を飼って、12月に散歩デビューした。

夫と行ける方が行っているので、毎日ではないが歩くことが多くなった。

我が家の近くには平和公園があって、散歩にはちょうどいい距離。

今まで車でビューっと通り過ぎていたところを歩いて通る。

梅の木はすでに蕾を膨らませ始めている。

このところの極寒の中でも、着実に季節を進めているのがわかる。

これから時々蕾の膨らみ具合を点検しながら散歩し、

3月になったらきっと可愛い花を咲かせてくれるのだろう。

我が家の愛犬は自身の愛くるしさだけでなく、

いろんなものを我が家に運んできてくれたようだ。

 

先日は旅行先の小豆島で、今にも咲きそうなミモザの花を見た。

歩いていると寒いと感じる日であったが、ちょっと春を感じさせてくれた。

 

歩いていると素敵な出会いが舞い込んでくる

| - | 22:07 | - | - | - | - |

ラジオ番組に出演 して http://845.fm

先週から寒さが一段と厳しくなってきました。外出をためらってしまいたくなるほどです。


今日は、瀬戸FMのパーソナリティー、林ともみさんの番組、「ともみとともに」に出演してきました。

ラジオ番組は、初体験! 

 

私の勤務先である愛知聖ルカセンターでスタートした発達に気がかりのある親子のサロンについて、

「ご紹介しましょう、できれば番組に出てください」という要請を受けて、パタパタ・・・と出演となりました。

 

生番組なので、どうなるか、始まってみないとわからないし、「あわわわ・・・・」となったらどうしようか、うまく修正できるかな?と不安はつきません。

諦めてえいや!という気持ちで、楽しんで?きました。

 

夕方には、HP上で聞くことができたので、ちょっとドキドキしてきいてみると、

年相応の優しい声なんだ、わたし・・・というのが正直な感想、満足とは言えないけど

伝えたいことは、何とか言えたかな・・・と、自己診断。


そして、パーソナリティーのともみさんは、さすがに落ち着いた素敵な声で、私の話を上手に
引き出してくれていて、コメントもさりげなくお見事!と思いました。

これって、まさにファシリテーターのスキルではないかとあらためて感心したところです。


今日は、言いたいこと、伝えたいことをわかりやすく伝えれるかな・・・と、そちらにばかり意識が向いていました。
30分の対談(インタビュー)は、長かったようなあっという間だったような、不思議な感じでしたが、終わってみれば万々歳!

今日はご苦労様でした!と自分に言えそうです。

 

 

でも、一番大切なことは、この番組を聞いてくださった人の中でお子さんの発達に不安な気持ちを持っておられて、

参加してみようかな・・・と思ってくだること。

 

 

今日の瀬戸は、本当に寒かった!
お昼時に番組が終わったので、地元で有名という蕎麦屋さんに入って一人ご褒美ランチを楽しみました。

寒かったけど、少し街をぶらぶらして、瀬戸名物という瀬戸川饅頭も買いました。

何でも、江戸末期創業より変わらぬ製法で作っている酒蒸饅頭。
お値段も、少し大きめの1個130円也。

お店の人に「本日中に食べてくださいね。硬くなるので」と言われたので、Seedsのみんな、ごめんね!と

心で詫びて、我が家に3個、お隣さんに6個買って帰りました。


Seedsの食事会も、たまには、瀬戸巡りもいいかな・・・と思いつつ、帰路につきました。

 

| - | 18:27 | - | - | - | - |

うたと記憶

昨年、ユーミンの「宇宙図書館」というアルバムを買った。

コンサートにも行きたかったけど行けなくて、

最近たまたまTVでやっているのを見ることができた。

 

若い頃はユーミンの歌は私の人生そのものだったくらい大好きだった。

ユーミンの歌のような恋愛シーンにあこがれたり、

こんなデートがしたいなんて思っていた。

そんなことにはならなかったけど。

若い頃聞いた好きな歌は、今も心に響き、当時の記憶もよみがえり、

もはや私の懐メロである。

 

子どもが生まれてからは縁遠くなっていたけど、

久しぶりに「宇宙図書館」を聞くと、

大切な人を失った喪失感や、その思い出を大切にする歌詞だったり、

記憶にまつわる内容だったり、年月を重ねたカップルの心情だったり、

今の私の身近に起きることや感じていることにフィットして、

ユーミン、やっぱりいいなと思っている。

 

確かに歌唱力は落ちているとは思うけど、

コンサートの構成もストーリーテリングになっていて、

今と過去を行ったり来たりできるように私は感じている。

 

昔、親がTVで「思い出のメロディ」なんかを見ていると

何がいいんだかと思ったものだが、今はその気持ちがわかる。

聞いたことある歌をまた聞きたいというのは、老若男女同じだと思うけど、

年を経ると一層その思いが強くなるのは、思い出のせいなんだなと。

たくさん思い出があるって幸せ。

 

 

 

| - | 23:13 | - | - | - | - |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM